front page

地域の活性化につながる活用案を考えよう!

※募集は終了しています

篠山市内の無人駅について、地域の活性化につながる活用案を考えようということで、高校生から大学生・社会人まで約15名が集まり、篠山口駅にある「神戸大学・篠山市農村イノベーションラボ」にて会議を重ね、無人駅の可能性について探ってきました。

神戸大学・丹羽篠山市農村イノベーションラボ
神戸大学・丹羽篠山市農村イノベーションラボは、農村地域の課題解決と発展のため、現場発のイノベーション、地域に根ざした教育と研究、地域の人材育成に取り組む拠点であり、実践的研究プロジェクトです。

そこから生まれた企画である「オオヤマルシェ」および「駅で星を見よう」が開催されることになりました。

このイベントを機に、さらに継続して駅前から地域の活性化につながる取り組みをしていこうと、「駅前プロジェクト」として活動していくことになりました。

新着記事

第3回「オオヤマルシェ」の開催が決定しました!
第2回オオヤマルシェ出店さんご紹介!

タイトルとURLをコピーしました